目の下のクマをなくして第一印象を良くしたい

初対面でまず見るところは圧倒的に目が多いといわれています。
第一印象は大切にしたいものです。
目の下にクマがあると第一印象があまり良くありません。
では、なぜ目の下にクマができてしまうのでしょうか?

原因はさまざまです。
睡眠不足であったり、ストレスであったり、
血行不良であったり、ドライアイなど体に悪い影響を与えた時に目の下にクマができることが多いです。
目の下のクマには実はいくつか種類があるのです。

若い年齢の方にできる青いクマは、実は血行不良が主な原因となります。
目の下の皮膚は体の中でも大変薄く、皮膚の下の血管の色が透けて見えます。
健康で血行が良い場合は血液は鮮やかな赤色ですのでクマには見えません。
しかし、血流が滞ってしまった場合は酸素が不足した赤黒い血液の色が透けて見えるため、
その色と皮膚の色とで青いクマができるのです。

年配の方に多いのが、茶色いクマです。
こちらの場合は、皮膚にたまったメラニン色素の沈着が原因となります。
メラニン色素が皮膚の新陳代謝によってなくなるはずが、
老化によって新陳代謝が悪くなり、そのまま沈着してしまうケースです。
できるだけ紫外線を浴びないように対策をしたり、
洗顔やメイク落とし、顔を拭く時など、目の下の皮膚をなるべくこすらないようにすることが大切です。

黒いクマもあります。
こちらは、たるみやむくみなどによって影ができ、それが黒いクマの原因となっています。
顔のマッサージを行ったり、アイクリームや美容液でケアするのが効果的です。